マリッジリング ネットワークカメラ

*【創作SS】愛しき人よ*

見つめていたかった。
会えなかった10年分の想いを抱いて、越えてきた毎日。
会いたかった。
この想いは誰にも負けないと、自分を信じているから。

会えなくなってからも変えなかったスマホのメールアドレス。
突然鳴り出したスマホのメール着信音。

………「久しぶり。元気してた?」

涙が溢れて止まらなかった。
(憶えてくれていたんだ…。)
もう忘れられている存在だと想っていた。
また鳴り出したスマホのメール着信音。

………「突然なんだけどさ、会いたいの。」

(何があったんだろう…。)

会えなくなって10年経つと、お互いの近況も分かる訳もなく。

「会いたいの。」
(甘えてるんだ。彼らしい。)

返信を打った。
………「久しぶり、ずいぶん久しぶり過ぎてびっくりしたよ。
会いたいって、どうしたのかな?
私はいつでも時間あるから。」

送信を押す。

優しい笑顔を思い出す。
思いやりのある優しい気持ち。
凛々しいまなざし。


会えなかった数年間の近況が分からないから、
彼がどんな素敵な人になっているか、見てみたい。

また鳴り出したスマホのメール着信音。
………「元気にしてたよ。
いや、突然、聡子に会いたくなって。
最近、疲れてんのかな…。
誰かに会いたくなる。
情けないなぁ、俺も。」

(大紀らしいなぁ…。)

………「今夜、会えない?
19時にいつもの場所で。」

ちょっと強引に物事を決めるところも変わっていない。

………「分かった。19時ね。待ってる。」

返信書いて、送信する。

久しぶりに会えるんだ。
10年越しの願いが叶う瞬間。



………19時。待ち合わせは最寄り駅のバス停のベンチ。

「久しぶり!さとこー!」

向こうから駆け寄ってくるのは。
間違いなく、大紀で。

「ずっと会いたかった、大紀に。」

「ごめんな…。」

「寂しかった。」

「俺のせいだよね。
本当にごめん。
ほら、笑顔見せて!」

10年越しの願いが叶った瞬間。
清々しい気持ちになった。

会いたい気持ちがこんなに深かったなんて。

大紀の笑顔見れただけで幸せだ。


恋愛の神様が居るのなら。
ありがとうを伝えたい。


見つめていた。
10年分の想いを改めて感じながら。
会えて良かった。
また永遠にこの愛を誓いながら、
またあなたを愛します。


for you…。


FIN


*ひとこと*
ここ数日いろいろありまして、
久しぶりに物書きしたくなったのもあり、
書いてみました。
大切な人を想いながら。

愛しき人よ、ってタイトルですが、
FOVから来てます、が、
嵐のfull of love聴いて浮かんだSSです。
楽しんでいただけたら幸いです。


スポンサーサイト
2015年03月02日 | Comments(0) | Trackback(0) | 純水小説
コメント

管理者だけに表示する

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク


powered by ブログパーツの森






クリックで救える命がある。