マリッジリング ネットワークカメラ

*【創作SS】white snow~サヨナラ~*

white snow~サヨナラ~


春はそこまで来ていると云うのに、まだ雪深い冬。
想い続けて何年経ったか、告白して付き合い何ヶ月経ったか。
そんな事を忘れそうなくらい年月は流れていっている。


…………気付いたら、隣に君は居ない。

約束していた休みの日、一緒に居る事もないまま…。

(何処かでまた会えないかなぁ。)

儚い想いを胸に抱えたまま、地下鉄に乗る。
俺から離れた近くに、見慣れた彼女と彼が居た。

「健一、久しぶり。この人、私の彼氏。」

彼女が俺に気づいて、彼を紹介する。

素直だなぁ、彼女は。
嘘もつけないよ。

自分の気持ちはごまかせないよ。
サヨナラ云うしかない、いや、サヨナラした…。

彼に会釈して、俺は、地下鉄の自分が降りる駅で降りた。


本心を云うなら、戻って来て欲しい。
叶うことのない恋。
彼を紹介していた彼女は輝いていた。

1人きり、長い夜を過ごす。
何度振り返っても、戻って来ない人。

サヨナラ、俺の恋。
サヨナラ、大切な人。

Fin


□ひとこと□

FOVの冬のバラード、をイメージしました。
ささ鳴き娘さんからのリクエスト。
どうでしょうか?

久しぶりに物書きしたから恥ずかしいf^_^;

お粗末様でしたm(_ _)m
スポンサーサイト
2014年04月17日 | Comments(0) | Trackback(0) | 純水小説
コメント

管理者だけに表示する

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク


powered by ブログパーツの森






クリックで救える命がある。