マリッジリング ネットワークカメラ

*♪【創作SS】終わらない恋-時のカケラ-*

終わらない恋-時のカケラ-


¨好き¨と言う気持ちは、そこに在ったのだ。
ただ、僕たちの理想とは違うんだ。


歪んだ世界を目指していた訳でなくて。
上辺の言葉だけで飾って話していても、
すれ違うばかりで。
初冬、コートの襟を立てて、二人、距離を置きながら歩く。


………(もうこの恋は終わるのかなぁ。)


優しい言葉が見つからない。
そう想った時、まだ二人が、
お互いの言った言葉で傷つくのならば、
二人はひとつになれるハズで。



¨楽しくやれる¨だけなら、
誰が傍に居ても同じなのだろうか。
そろそろ、将来、未来の話を君に話そうと想っている。


立ち止まった自動販売機、
温かいコーヒーを押したのに、
何故か冷たいコーヒーが出てきた。


二人で見つめ合って、笑った………。


何気ないこの瞬間を大切に想うのなら、
二人の幸せも掴めるハズ。
二人だから理解る事はまだまだあるに違いない。
だから、それを探していこう。


キレイなままで進めないし、
誰かに傍に居て欲しい時だってある。
そんな時、


………君が居ないとダメなんだ。


何度でも言うから。


もう一度だけ優しい言葉を探していこう。


まだ二人がお互いが言った言葉で傷つくのならば、
僕たちは、ひとつになれる。
きっと、ひとつになれる。


………僕たちの恋は、終わらない恋。


Fin



□ヒトコト言い訳□


FIELD OF VIEWの、
【終わらない恋~ひとつになれる~】
をイメージしつつ、小説を書いてみました~(´▽`)ノ
大好きな曲だから、
毎度ながら、大切に書きました。
しっかり、創作の秋出来たから、それでいいかなぁ。


感想ありましたら、どうぞ。
スポンサーサイト
2011年10月08日 | Comments(0) | Trackback(0) | 純水小説
コメント

管理者だけに表示する

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク


powered by ブログパーツの森






クリックで救える命がある。